日記

最悪の日

投稿日:

今日はここで働き始めて最悪の日になりました。
朝から所長の説教がさく裂して本当に大変でした。


これは以前ポンプが故障して大変だった時の事をぶり返してキレてきました。
Bさんが手伝おうとした時に所長が「結構です」と言ったのに、何故か我々が非協力的だったから今度何かあればお前らが全部しろよ!と言いたいようでした。


年に1回や半年に1回ある、貯留槽の清掃などもお前らでやれよ!!と言われました。
私とBさんは一度もやったことのない業務なので、やり方がわかりません。
やり方を聞いても、所長は「私がやり方を知っているからといって任せないで下さい、自分でやり方を考えて下さいと」と一切やり方も教えてくれずにキレられました。

私やBさんの内面的な人間性の批判もされました。
私はプルプルと震えて本当に泣きそうになってしましました、過呼吸になり動悸が激しくなりました。



あとはまだまだ書ききれないほどいろいろと言われました。
朝の8時30分までにはドアやシャッターを開けて業務開始をしないといけなですし、指定された時間に水質検査対象の液体を摂らないといけないのにその時間をかなりオーバーして説教が続きました。

業務に差し支えるのでそういう時間は絶体厳守だと所長本人が言っているのに、自分の感情が抑えられなくなると大事な業務お構いなしに説教を続けました。
本当に、「もう辞めます!」と何度も何度も心の中で言いました。
気が弱いので一方的にまくし立てられると何も話せなくなるので黙っていました。
Bさんもジっと耐えて黙っていました。

1時間ほどで説教が終わり通常の業務を再開しました。



Bさんと2人きりの時にもう辞めたいと言いました。
Bさんも「辞めたい」と弱音を吐きましたが、年内は頑張ってみようと励まされました。



Bさんの存在は本当に大きいです。
励まされたり所長の悪口を言ったりしてストレス発散してかなり救われています。
Bさんがいなければ間違いなく今日は辞めていたと思います。

あと所長は急に不機嫌になって上記のように説教しだしたり、いきなり機嫌がよくなって饒舌に話しだしたりします。
本当に統合失調か何かの精神病があると思います、本人は自覚症状はないようですが。

そして更に・・・


どうやら市から薬品や電気や水の使用量で苦情が来たようです。
所長も上からいろいろと言われてかなりのストレスがあるようです。
何で、こんなイヤな目にあって働かないといけないんだろう・・・・
もう、こんな夢も希望ない場所で働くのが本当にイヤになってきました。

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.