日記

一人ぼっちの登下校

投稿日:

毎日通勤していると学生達が登校しているのを目にします。
カップルで登校しているのもよく目撃するので羨ましく思います。
自分にはあんな青春は無かった、いわゆる青春コンプレックスとかいうやつです。
恋人どころか友達すらいなくて一人ぼっちで登校してましたからね。


ぼっちの登下校って結構ツライですよ、マジで!
小学校の頃は集団登校だからまだよかった、中学からは本当に地獄です。
一人で街を歩くのとは訳が違います、周りの生徒たちは皆でワイワイ話している中でポツーンと一人で寂しく歩くあの辛さは味わったものにしかわからないと思います。
なので私は人目を気にして、人通りの少ない脇道を通ってコソコソと遠回りして学校に行ってました。




下校する時も終業時間になったらダッシュで教室から飛び出して一人で速攻帰宅していました。



学校や先生も大嫌いでしたが、この登下校の時間も死ぬほど嫌いでした。
でね、通勤していて目撃するんですよね、一人で寂しく登校している生徒がいて。
あの寂しそう姿を見て学生時代の自分を思い出して泣きそうになります。

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.