日記

引継ぎ業務、改めて自分はクズだと思い知る!

投稿日:

今日も引き継ぎ業務でしたが、昨日とは違い私が教えることになりました。
施設によって清掃の仕方やら特殊な方法で水質を計ったりしているので、優秀で知識のある本社の人でもわからないことはあるようです。


私はこれまでの人生で他人に何かを教えたりした事がりません!
そういう段階になる前に仕事を辞めていましたからね。
なので初体験だったので上手く説明ができずに困りました。
「他人に教えるって教えてもらうより大変なんだ」とこの年齢で初めてわかりました。
今までさんざん、このブログで所長の悪口を書きましたが所長の苦労が少しわかりました。


それで、他人に教えていると自分の欠点や未熟さを思い知りました。
まず、本社の人は優秀ですが「ここまで自分と差があるのか!」という事です。

1、地頭の良さ、要領の良さが違う。

物事を理解する速さが私と全然違います。
私が半年働いてやっと理解したことを、一日で覚えておりました。
要領もよく、テキパキと何でもこなせます。



2、わからない事はわかるまで聞いてくる。

わからない事を「まぁ、いいか」と私のように適当に流すのではなく、ちゃんと自分が理解するまで聞いてきます。
そしてすぐメモを取って頭で整理して、何度か繰り返して復習します。



3、仕事の心構えや向上心が違う、前向きでポジティヴ

どんな仕事でも明るく前向きに仕事をしています。
しかも、「もっとこうしたほうがいい」など改善すら提案してきます。
私のように面倒くさそうに、ただ言われたことを最低限するような仕事はしません。


まとめるとこんな感じで、一緒に仕事をしてカルチャーショックでした。


とにかく優秀な人と一緒に仕事して自分の愚かさを思い知りました。
所長はこういう人材を求めていたのでしょう・・・
もう働きたくないですが、もし次働いた時は心を入れ替えて働こうとちょっと思いました。

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.