ゲーム

ファンタシスター2の思い出

投稿日:

4455
MD   1989年3月21日発売 定価8.800円  セガ

これも思い出深いゲームです、この頃からゲームソフトの値段も上がってきました、8800円は今思うと高いですなー、まぁスーファミソフトは1万円超えてたけど。

発売当時の僕は小学5年ぐらいだったはず、あの頃はファミコンの一強時代でPCエンジンとメガドライブが頑張って追いかけるって感じでした。
でも、メガドライブはセガお得意のアクションゲームばかりで、ドラクエみたいなRPGは皆無だったですよねー、丁度一年前にドラクエ3が発売して大ヒットしました、そこで登場したのがマスターシステムでヒットした前作ファンタシースターの続編ファンタシースター2です、セガとメガドライブファンの期待を一身に受け登場します。

 
ファンタシースター2 OP

やっぱいいですわ、このちょっと寂しげな曲が胸にジーンときます。
そして、このゲームの特徴は女性キャラがかわいいと言う事です。

56443     
ネイ、ヒロイン(往年1歳)、このキャラのせいで耳フェチになった人多数。
4222
アンヌ、PTに必須の回復役、癒し系お姉さんです。
6433  
アーミア、スライサー2刀流グループ攻撃が強い、つっぱり系 
5322
シルカ、ぶっちゃけ弱いビジフォン窃盗係、お嬢様系

そして、この女性人メインキャラを差し置いて一番人気は・・・

556322

メモリーセンターのセーブしてくれるお姉さんでした。
昔、BEEPってゲーム雑誌があって、このお姉さんがプッシュされてたなぁ。
実家に大量にゲーム雑誌あるんだが、また読みたくなってきた。
萌え~とかの言葉もなかった時代です、当時のゲーム少年たちを美少女オタクに導くのに十分な役割を果たしたゲームと言えるでしょう、僕もこの頃からオタクの気質が芽生えてきたのです。

ゲーム内容はダンジョンがやたら広い、二重スクールで見にくいとかの批判もありましたが、戦闘シーンのアニメーションやグラフィックはさすがメガドライブだと言えるでしょう。
難易度が高かったです、後ろから兄のプレイを見てたのでその後に自分でプレイしてました、当時11歳ぐらいの自分では自力でのクリアはムリだったかもしれません、兄弟のいる家庭だとRPGみたいな一人用のゲームだと、どっちが先にプレイするかで喧嘩になったりすると思いますが、弟の僕は絶対あとからでした。
最初はバイオモンスターが敵だけど、とあるイベントから敵がマシン系ばかりになるのが記憶に残ってるなぁ。

そして、このゲーム一番のイベントはやはりネイちゃんが死ぬところでしょう、僕もショックでした。

 
ネイファースト戦

ヒロインが死ぬのは、FF7のエアリスより早くやってんですよね。
次作のファンタシースター3も、ドラクエ5より早く結婚システムあったし時代を先に行くSEGA。

    222loneliness_2rree
 

-ゲーム

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.