日記

労働までのカウントダウン あと4日 過去を振り返る。

投稿日:

刻一刻と就業開始が近づいてきます。
自分は転職回数は多いですが、何回体験しても再就職決定後の仕事開始までの緊張感と不安感はスゴイです。

まずは、去年10月の訓練校退校してから不動産管理会社で働くまでの様子。

見返すと、入社前日にボイラー試験があったんですね。
ブログをしてると日記を自分で読み返してるようで、懐かしくて恥ずかしくもありますが思い出になっていいですね。
まぁ、このあと3か月で辞めるんですけどね・・・
今思うと、この会社はもうちょっと頑張れたかなと思ってます。
転属さえなければ続けれたかな。

次は今年2月のスマホ訪問サポート会社。

今と同じこと書いてる・・・
この時は今と同じで、今度こそ頑張って仕事するぞ辞めないぞ!と誓って入社しましたが、わずか1週間で辞めます。


この後、あんな恐ろしいことが起こるなんてこの時は思ってもみませんでした。

この会社は自分では無理でした、向いてなかったですね。
営業っぽい仕事でしたから適性が無かったです、それがわかっただけでも良かった。
ただ中年のオッサンが今更、適正だの何だの言うのもね。
こういうのは、若いうちに色々仕事を体験して自分を理解するものです。
自分は普通の人と比べて何周遅れで人生を歩んでるのかといつも考えます。

遅れて大学行った時もそうですしね、全ては高校中退が元凶です。
一度つまずくと人生の軌道修正は容易じゃない、周回遅れを取り戻すのは至難の業。

最後は今年4月のプラントゴミ焼却施設です。
自分で振り返って、どんだけ会社辞めてるんだよと呆れます・・・

また、同じような事書いてます、死ぬ気でやるとか書いて3か月で辞めます・・・

言い返す言葉もないですが、この会社も酷いとこがあります。
求人票とは違う部署でいきなり仕事させられ、そこの班長がとんでもないパワハラモンスターでした。

自分が入社する前にも数人パワハラで辞めていたり、問題ありまくる職場環境で万年人手不足。
完全に求人票に釣られた、労基に訴えようと何度も思いました。

よく3か月あの班長と一緒に仕事して耐えたなというのが本音です。
以前の自分なら1週間で辞めてるかも、辞めた今は清々してます。

さて、自分の過去をざっと振り返ってきて感想は。

-日記

Scroll Up

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.