お金 日記

2回目の給料明細、そして名前を忘れられる

投稿日:2017年6月21日 更新日:

今日は入社して2回目の給料明細を貰いました。

交通費と残業代込みです・・・・
毎度、給料もらっても喜びとか無いです。
40代の中年男性が1ヶ月ストレスに必死に耐え抜いてこの金額なので、逆に給料明細みると悲しくなってきます。
ただ、仕事で全く役に立ってない現状を考えると貰えるだけマシです。

そして、整備班の班長から名前を忘れられてました。
「えー、あー、名前なんだっけ?」
しかも、何度も・・・・

悲しいですが自分はこういうのに慣れてます。
学生時代から、「あ、いたの?」「誰だっけ?」など存在感が全くなく放置されてました。
しかし、1クラス40人ぐらいる学生時代とは違い、整備班なんか10人もいないのに「わざとか・・」とも思えてきます。

私の存在など居ても居なくても本当にどうでもイイと思われてるか、嫌われていて早く辞めさすためにイジめられてるかどちらかでしょう。
搬入班ではパワハラ暴言を受け、整備班では無視されるというダブルで精神攻撃を受けています。

逆に、前々職の不動産管理会社の転属前の上司は素晴らしい人でした。
人間的に非常に尊敬できる人で、仕事もできユーモアもあり悩みの相談なども真摯に聞いてくれたり、こんなカスな自分に退職する最後まで気を使ってくれました。

転属後の支店でうまくいかなかった時に、仕事で忙しいのに2時間も悩み相談してもらい、翌朝にはメールで気遣ってくれました。
退職手続きをする時も、会社に来づらいだろうと使用されてない別室にイスや机を準備してくれました。
転属さえしなければ、ずっとあの上司の下で働きたかったです、周りからバカにされ続けた自分の人生の中で、あんな素晴らしい人には出会ったことがありませんでした。

今更言っても仕方ないですが、前々職は辞めない方がよかったと後悔する時間が多くなりました。
電話応対や通勤時間など、今の会社の暴言や無視に比べればマシです。
今、前々職の求人出てるんですがさすがに出戻りは応募は無理でしょうね。

-お金, 日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.