日記

何もないカラッポの人生だった。

投稿日:

子供の頃からずっと暗い性格だった。
夢も希望も持ってなかった。
何をやっても不器用でうまくいかなかった。


勉強も学年で最下位グループだった。
小学生の頃、音楽ではハーモニカや縦笛を吹くのが下手だった。
指がうまく動かない音符を覚えられないので同級生からバカにされた。
図工も全くできなかった、いつも完成は一番遅くてボロボロの出来栄え。
足も遅く運動神経もないので体育も全くダメだった、ドッジボールでは真っ先に狙われるしサッカーなどでチームに自分が入ると「えー」っとチームメイトが露骨にイヤな顔をする。



自分も最初は一生懸命に努力した。
努力したけど全く上達しなかった。
努力して報われないから、努力することを辞めた。
自分に期待して裏切られ何度も傷ついた、自分に期待することも辞めた。
中学生の頃になると全てを諦めていた。
夢も希望も持たなかった。
何も期待してはいけない、そう思いながらずっと生きてきた。
結局、40年間生きて何もないカラッポの人生だった。

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.