日記

大学受験のこと。

投稿日:

コメントに個別に返信はしませんが、今もしっかり見てます。
大学関係のコメントが多かったので大学受験の話を書きます。

まず高校中退して22歳ぐらいまでひきこもりました。
そのあと大検を取得し大学に2年間だけ通いました。
国立大学は捨てて、3教科だけで受けれる私大だけ受験して、その中で受かった偏差値が一番高かった大学に行きました。
関西ではそこそこ有名な私大でしたが、皆さんが思ってるほど入試難易度はそこまで難しくないのです。

所詮3教科限定の私大受験ですから、国立とは違います。
少子化で受験者数が減少してきた時代でしたし、人気が無い学科だと意外に低い倍率です。
当時の自分は予備校に通い3教科だけ必死で勉強して、何とか合格できました。

大阪大学など国立大学を落第して来た人と、私のような3教科だけでギリギリ受かった人間では学力が違いすぎました。

入学後にすぐ英語や数学のテストがあり点数ごとに該当科目のクラス分けされましたが、私はドベのクラスでした。


それでも、中学時代の頃と比べると格段に学力は上がっていました。
あの頃の私は塾へも行かされず、親にも学校の先生にも放置されていましたし友達もいなかった、勉強を教えてくれる人が周りにいなかったです。

予備校に通い、初めてちゃんと勉強を教えてくれる人に出会いました。

もし、小中学生の頃にちゃんと勉強ができていれば底辺不良高校に進学する事もなくイジメられることもなかったかもしれません。

今とは違う人生を送れていたのか、違う高校でもイジメられて同じ結末になっていたのか誰にもわかりませんが、その事は今でも凄く後悔しています・・・

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.