日記

僕の人生年表 その11 第2次ニート時代突入編

更新日:

 


2002年

就職活動が失敗続きでうんざりしていたのもあり、巷で話題のインターネットで気分転換でもしようとデルのパソコンを購入。
回線も開通して準備OK,いよいよインターネットの大海原に出る時が来た。


最初にネットに繋いでwebページを見た時は感動した。

ボクは毎晩徹夜してアニメやゲーム、えっちなサイトなど自分の興味がある分野のホームページを見まくった、すぐにインターネットに夢中になっていた。
面白くて仕方がない、インターネットにはあらゆる情報が溢れているのだからボクが虜になるのは当然だった。


ネットサーフィンにハマり続けて2ちゃんねるに辿り着いた。
当時流行っていたwinnyやwinmxなどを調べていると自然に辿り着いてしまった記憶がある。


それからは毎日2ちゃんに入り浸るようになり、今までは見るだけだったが今度は書き込みをするようになる。

ボクが何か書き込むとすぐにリアルタイムで反応が返ってくる、あの頃はそれだけで新鮮で楽しかった。



いろんな板で慣れあったり愚痴を言ったり時には不毛な煽りあいをしたりもして、PC購入して1か月を経つ頃になると完全なネットジャンキーになっており、一日中ずっとPCに張り付いていた。


もう就職活動なんてどうでもよくなっていた。
ボクはインターネットさえあれば満足だった。
毎日やっても飽きない、イヤな現実や辛い過去から解放された。
インターネットは何て素晴らしい世界なんだと、本気で思っていた。

いつまで経っても働かないので、親からは当然何度も叱責された。
ボクはのらりくらりと言い訳をし続けて部屋に閉じこもった。
気が付くとまたニートに逆戻りしていた、第2次ニート時代の突入である。



そして、2002年11月にPC版のFF11が発売される。


-日記

Scroll Up

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.