日記

警備員してたとき

投稿日:

自分は、数年前警備員の仕事をしてました。
地元の小さな警備会社です、こういう小さな警備会社は大体が2号警備、いわゆる交通誘導とかです。
セコムやアルソックとかの大手はこういう仕事は請け負いません。

警備の仕事は楽そうに見えますが、確かに楽なところもありますがキツイところばかりでした。
交通の少ない場所は楽です、逆に多い場所は命の危険すらあります。
自分が一番キツかった現場は、正月の神社の交通誘導でした。
その中でも、駐車場の出入り口の警備は本当に大変でした。
渋滞でドライバーもイライラしてるし、罵倒されるなんて当たり前でしたね。
警備員の仕事は力仕事はそんなにないですが精神に悪いです、しかも最悪命の危険まであるし安月給でやってられません、2号警備の仕事だけは二度としたくないです。

警備員を辞める決意をした話をします。
とある冬の日、私は遠方の警備の為に朝の4時ごろに家を出ました。
警備員の仕事は、工事現場とかだと門を開けたりトラックを搬入したりで一番早く行かないといけない場合があるので朝早いときが多かったです。

現場に5時30分ごろに着いて準備をして、6時ぐらいに会社から電話があり、代わりの人が来るから自分は昼から別の仕事をしてほしい、一旦家に帰って待機してほしいとのこと。
おかしな話だと思いましたが、大人しい自分はそれに従いました。
それから一旦帰宅し電話があり、夕方から遠方の葬式会場の駐車場警備をしてくれとのこと。
葬式場に着いて、何故私がこの現場に呼ばれたのか理由がわかりました。

ここの職長がとんでもなくキレやすく、隊員たちからは最悪の現場と有名で誰も来たがらない現場でした、そこに一緒にいたほかの隊員に聞きました。
あー、それで大人しく言う事を聞く自分がこの現場に来させれたと理解しました。
確かに職長は性格に問題ありました、掃除してホウキをもとの場所に戻しただけなのに、たてる位置が悪いとかでいきなりキレだしたり、もうメチャクチャな人でした。 

そして仕事が終わりましたが、その日の日当は夕方からの3時間分しか支給されず2100円ぐらいでした。 
ウチの警備会社は交通費の上限が一日300円までです。
遠方まで行き、また遠方まで来たので交通費は赤字です、交通費引くと日当1500円ぐらいです。
朝4時に家を出て仕事終わりが8時、丸一日拘束されて日当1500円!!
これマジな話。
 
この後、精神的に病んできてまた引きこもりになりました。

       scuzzbucket_5223

-日記

Scroll Up

Copyright© 最終学歴!職業訓練校中退 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.